Deviant Logo

もう少し…あと少し…

post details top
4月 7th, 2012
post details top

第21回ミキプルーン神戸オープン本戦5日目。
この日が僕のこの大会での最終日でした。

男女ともシングルス、ダブルスの準決勝からSCUが付きます。
7日のOPを見て…ん?…7マッチ??…。
でも…来ている審判員は僕を含めて3人。

そうなんです。
必然的に誰か一人が3試合に乗らなくちゃなりません。

僕かなぁ…僕になるかなぁ…。と考えていたら、やっぱり僕になりました。

でも、SCUは最初のラウンドのみ、決まっているのですが
その次のラウンドからは自分の担当した試合の終了時間によって当然ながら変更されていくんです。

僕のファーストラウンドが一番早く終了したので次の試合はBack to bacK。
試合が終わったら直ぐに次の試合待ちとなっているコートに入ります。

次の試合はセンターコートだったので苦手なアナウンスが…心配でしたが
多分…問題無かったのではないかと…。どうだろう…(汗)
試合自体はスムーズに展開していき、2試合目終了。

この時点で他の二人も別の試合のSCUに入っているので…
ここで最終マッチの7試合目の担当が僕だと決定。うきゅ。

しかも、女子ダブルス決勝戦…。

決勝戦でCUかSCUに乗るのって、これで5回目です。
初めては昨年の全日本ジュニアの12歳以下男子ダブルス決勝。
この試合はライン付きのCUだったので、緊張しました。
しかも、全日本ジュニア全マッチの中で最後の最終マッチだったんです。

次が全日本中学生テニス選手権の個人男子シングルス決勝。
そして…ITF・兵庫ジュニア Ⅰ の女子シングルス決勝…。

一番最近では今年のアオノ正月オープンの女子シングルス決勝。
そして…今回のミキプルーン神戸オープン女子ダブルス決勝だったのですが
何が違うかと言いますとっ! ブルボンビーンズドームのセンターコートだというコトが
個人的に、非常に個人的に大きな感覚だったわけです。

今までにもビーンズドームのセンターコートでSCUとかCUは在りましたが
決勝戦…となると…やっぱり雰囲気も感覚も変わってきます。

そして…試合は大接戦だったわけでして(汗)
ファイナルセット、タイブレークでの決着。2時間57分。大熱戦の試合でした。

雨漏りなどで、大幅なスケジュール変更をせざるを得ない状況になり
運営もスタッフも選手も、想定外事情に振り回された大会でしたが…明日で最終日です。

選手の皆さん。大会運営の方々。学連スタッフの皆さん。審判員の方々。
連日、本当にお疲れ様でした。

来年は…僕も選手として…0-8覚悟で予選から出てみようかな(笑)