Deviant Logo

島津全日本室内…

post details top
3月 11th, 2012
post details top

3月3日から京都の西京極で開催されていました
島津全日本室内選手権大会へ行って参りました。

3月3日は、朝8時15分集合だったので…5時57分の電車に乗って
なかなかにヘビーでタイトなスケジュールでした。

島津室内は女子は国内大会なのですが、男子はATPのチャレンジャー大会なので
男子の試合の主審に入る場合、PDAというタブレット式のスコアボードを使うんです。
これが…自分が打ち込んだスコアの内容がリアルタイムに全世界に配信される…という…
えぇぇ〜…なかなかにドキドキモノだったわけでして。

しかもっ!
スマートフォンだとATP、WTA専用のアプリが無料でダウンロード出来、
そこからグレードの高い大会からチャレンジャー大会までリアルタイムで
スコアチェックが出来ちゃうんですっ!

ん?…iPhoneだけなのかな?
…携帯に関しては、サッパリ知識が無いのでわかりませんが
とりあえず気になる方はApp Storeから「ATP」で検索してみてください。

さて…僕の初めてのATPチャレンジャー大会での主審ですが…
気持ちの上では…昨年、初めて主審を務めた9月のITF GS YUASA OPENよりは…
落ち付いた気持ちで居られたのではないかと思います…。
あの時は…今回と同じ西京極の会場だったのですが…もう…
帰りの阪急電車の中で泣きそうになっていたので(笑)

まさに…映画の「阪急電車」と同じや〜んっ!…と中谷美紀になった気持ちでしたので。

だからと言って、決して及第点を貰えるような内容ではありませんでした。
僕が主審を務める試合に入ることになった選手に、申し訳ない…という思いは
なかなか消えず…ラインに入って下さる諸先輩方にも申し訳なく思うばかりで…。

でも、今の僕が主審で出来る事って多くて4つ5つ程度しかないんです。
幾つも中途半端にやるのではなく、出来るはずであろう4つ5つの事を
確実にこなして行くことが大切なんだと、改めて思わされる大会でした。

そりゃそうだ。経験不足もいいところなのに、幾つもの事が出来るはずがないんです。
そう…多くのことは出来ません。出来ることからコツコツと…です。

そして男子シングルス…伊藤竜馬選手、優勝おめでとうございますっ!
やっぱり国際大会で日本人選手の優勝は…嬉しいです。

島津全日本室内選手権に携わられた審判員の先輩方。運営スタッフの方々。学連の皆さん。
本当にお疲れ様でした。また…是非宜しくお願い致しますっ!


さて次は…明日の12日に宮崎へ移動して、13日からITF 宮崎女子国際フューチャーズでの主審です。

人工芝コートでのSCUの経験は何度かあるのですが、主審の経験が無いので…
ボールマークのチェックが…ルール上、存在しないコートではあるのですが…
事実としては残ることも在るわけでして…主審にもドキドキですが、
人工芝というサーフェスにもドキドキしています。

とりあえあず…上手く行かないのは、今の僕の実力では当然だったりもしますので
様々…厳しいであろうお言葉を頂戴して参ります。

……そろそろ…僕も自分の試合に出たいなぁ〜(笑)