Deviant Logo

倫敦時間…

post details top
5月 1st, 2012
post details top

しばらくぶりの…ブログの更新です。
4月に入ってから、大変に忙しく、家にも殆ど居ない状態だったりで。
もちろんテニスも全然出来ていません。

さて…4月10日から10日間程の日程でイングランドへ行ってきたわけです。

何をしに行ってきたのかと言いますと……
特別…大きな理由があったわけではなく、ロンドンに行くのを決めたのも
出発日の13、14日前で…大変に急な思い付きだったんです。
まぁ、気楽な一人旅なので、自分のペースで好きなところを好きなように観光出来れば…という
そんな程度の理由だったのかな?…正確に覚えていない程度の理由だった感じです。

ただ、行くならば絶対に訪れたい場所は在りました。
ロンドンから電車で1時間程の場所にオックスフォードが在ります。
もちろん、あのオックスフォード大学で有名な街です。
そこから更に路線バスで1時間ほど走った場所にウッドストックという街が在り
そこに世界遺産でもあるブレナム宮殿が在ります。

第二次世界大戦時代に大英帝国の首相として有名だったウィンストン・チャーチルの生家です。
ここはマールバラ公爵スペンサー=チャーチル家が現在でも所有している宮殿で
ウィンストン・チャーチルは第7代マールバラ公爵ジョン・ウィンストン・スペンサー=チャーチルの
次男という…実は…メチャクチャ名門の出身だったんですね。

鋭い人はスペンサー?…と聞いて「ん?」っと思った方も居るでしょうか?
そうです。チャールズ王太子の妃だった故ダイアナ妃の実家の家名もスペンサーです。

第3代マールバラ公爵チャールズ・スペンサーの甥であったジョン・スペンサーが
政治家として大きな成功を収め、時の国王ジョージ3世より伯爵を授爵され
スペンサー伯爵となったわけです。それから216年後。ジョン・スペンサーと同じ
オルソープで生まれたダイアナ・スペンサーがプリンス・オブ・ウェールズとセントポール大聖堂での
世紀のロイヤルウェディング挙げ世界中から祝福されるコトになるわけです。

さて…丸1日を掛けて堪能したブレナム宮殿だったのですが…
全敷地内を回るのは、ほぼ不可能で宮殿とその近辺だけを堪能して帰ってきました。
全敷地を回るとなると…山手線の内側と敷地と同じくらいの広さなので…そりゃ…無理です(笑)

10日間、一人旅なので、時間は幾らでも自由に使えました。
ってことで、もちろんウィンブルドン選手権が開催される
オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブにも行って来ました。
以前行った時にはセンターコートが屋根付け工事の為に多くを見学することが
出来なかったのですが、今回は…プレスルームまでを含めた様々な場所を見れました。

大会の開催まで、まだ2ヶ月以上も在りましたが、芝生の美しいこと。
まだコートのラインが無い状態でしたが、芝生は明日にでも大会が始まっても
問題ないくらいの仕上がりと、その綺麗さに感動するばかりでした。

今年はウィンブルドン選手権が終了した後、ロンドンオリンピックも開催されます。
それまでに芝生は問題ないのかと尋ねたら、8月の中旬くらいには既に今と同じくらいの
芝生の状態に戻してある…とのことでした。さすが…。

センターコートからナンバーワンコートにヘンマンヒル…今はマレーヒルかな。
そしてオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ会員専用の
ルームも見せて貰って…至極ご満悦な気分で…いつかは審判として来られたらね…。はい。

その他、ビクトリア&アルバート美術館や大英博物館。セントポール大聖堂に
ウェストミンスター寺院。ウェストミンスター宮殿にケンジントン宮殿。
セントジェームズ宮殿。ロイヤルミューズにロンドン塔。
ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツに英国歴史博物館。大英図書館に…もちろんハロッズも(笑)
とにかく1日数キロを歩き回る毎日でしたが、楽しかった。もう1回でも2回でも行きたいですね。

あと…驚いたのが、前回行った時には食事にかなり苦労をしたのですが
今回は…全くハズレ無しで…イギリスは食事がマズい…という概念を覆されました。
普通に…美味しかった。そして若干太って帰ってきました(笑)

吐く息が白いほどに寒かったイギリス。
そんなイギリス旅行の中で…僕の深淵に眠っていた感情が呼び起こされたような感じで。
さて…どうするのか。
日本はすっかり初夏の風です。

もう少し…あと少し…

post details top
4月 7th, 2012
post details top

第21回ミキプルーン神戸オープン本戦5日目。
この日が僕のこの大会での最終日でした。

男女ともシングルス、ダブルスの準決勝からSCUが付きます。
7日のOPを見て…ん?…7マッチ??…。
でも…来ている審判員は僕を含めて3人。

そうなんです。
必然的に誰か一人が3試合に乗らなくちゃなりません。

僕かなぁ…僕になるかなぁ…。と考えていたら、やっぱり僕になりました。

でも、SCUは最初のラウンドのみ、決まっているのですが
その次のラウンドからは自分の担当した試合の終了時間によって当然ながら変更されていくんです。

僕のファーストラウンドが一番早く終了したので次の試合はBack to bacK。
試合が終わったら直ぐに次の試合待ちとなっているコートに入ります。

次の試合はセンターコートだったので苦手なアナウンスが…心配でしたが
多分…問題無かったのではないかと…。どうだろう…(汗)
試合自体はスムーズに展開していき、2試合目終了。

この時点で他の二人も別の試合のSCUに入っているので…
ここで最終マッチの7試合目の担当が僕だと決定。うきゅ。

しかも、女子ダブルス決勝戦…。

決勝戦でCUかSCUに乗るのって、これで5回目です。
初めては昨年の全日本ジュニアの12歳以下男子ダブルス決勝。
この試合はライン付きのCUだったので、緊張しました。
しかも、全日本ジュニア全マッチの中で最後の最終マッチだったんです。

次が全日本中学生テニス選手権の個人男子シングルス決勝。
そして…ITF・兵庫ジュニア Ⅰ の女子シングルス決勝…。

一番最近では今年のアオノ正月オープンの女子シングルス決勝。
そして…今回のミキプルーン神戸オープン女子ダブルス決勝だったのですが
何が違うかと言いますとっ! ブルボンビーンズドームのセンターコートだというコトが
個人的に、非常に個人的に大きな感覚だったわけです。

今までにもビーンズドームのセンターコートでSCUとかCUは在りましたが
決勝戦…となると…やっぱり雰囲気も感覚も変わってきます。

そして…試合は大接戦だったわけでして(汗)
ファイナルセット、タイブレークでの決着。2時間57分。大熱戦の試合でした。

雨漏りなどで、大幅なスケジュール変更をせざるを得ない状況になり
運営もスタッフも選手も、想定外事情に振り回された大会でしたが…明日で最終日です。

選手の皆さん。大会運営の方々。学連スタッフの皆さん。審判員の方々。
連日、本当にお疲れ様でした。

来年は…僕も選手として…0-8覚悟で予選から出てみようかな(笑)

4月の嵐…

post details top
4月 4th, 2012
post details top

気がつけば…4月になっていました。

只今、ミキプルーン神戸オープンの真っ最中です。
本戦の初日…4月3日。
観測史上でも歴史に残る程の局地的な大雨により
神戸オープンが開催されているビーンズ・ドームが
吹きつける猛烈な強風と雨で天井窓付近から
ポタポタ…からジャバジャバという雨漏り…。

全9面の内、センターコートを含めた7面に雨が
溜まってしまい使用不能となり…てんてこ舞いな
状況になってしまったわけです。

元々、ドローの関係からアウトコート4面を含めた
13面進行の予定だったのですが朝からの大雨で
アウトコートの使用は最初から出来ず、9面での
試合進行というタイトなスケジュールに…
更に想定外のインドアコートの水漏れで本戦初日の
試合数の1/3程がキャンセルになり、翌日からの試合数やスケジューリングが選手にとっても
運営にとっても、かなり厳しい状態になってしまったわけでして。

単複のダブルヘッダーは…まぁ、通常なのですが
シングルス、シングルス、ダブルス…のトリプルヘッダーだったり
シングルス、ダブルス、ダブルス…のトリプルヘッダーだったりと…。

神戸オープンは男女シングルス、ダブルス共にthe best of three tie-break sets matchなので…
もし全試合がファイナルまでもつれ込んだ選手がいたら…1日で9セット…。
多分…そういう選手は居なかったと思うのですが、状況としては在り得たかもで。

でも、こればっかりは…本当に日本政府が考える想定外より、ずっと想定外だったわけでして。

インドアコートなので、水捌け用の道具が置いているわけでもなく
溜まった雨水をタオルに染み込ませるのですが…靭コートのように
大量にタオルが置いてあるわけでもなく数枚のタオルを絞り直しながら雨水を拭き取るのですが…
インドアなので風が吹くわけでもなく、その後もなかなか乾いてくれないんです…。

結局…9面が全部が使用できるまで…4時間近く..掛かったのかな…。
とにかく…大変な本戦初日だったわけです。

そんな中、選手の皆さんも運営の皆さんも、互いに協力しあって…何とか日程通りに行きそうなのは…
最終的にはトーナメントレフェリーの凄さなんだと思います。

さて…もう少し…。もう少し…。……もう少し……会話があっても良くないですか?(笑)

水曜日はいかが?…

post details top
3月 28th, 2012
post details top

スケジュール帳を見ると…ビックリ…。
ビッシリと詰まっています。

春季ジュニアが終わると…直ぐにミキプルーン神戸オープンです。
終わると…翌日にはロンドンへ…。
帰ってくるのが日本時間の19日21時過ぎに関西国際空港へ到着。
翌日からITF・車イス神戸オープン。
終わると…翌日から加西・アオノオープンの予選が3日間。

でも…予選期間中には岐阜の長良川メモリアルセンターへ移動してITFの講習会が2日間。
講習会は朝からなので、前日には長良川へ行かなくてはなりません。

これが終わると…黄金週間っ!

んで、5月7日から12日まで加西・アオノオープンの本戦。
翌日の13日に福岡の飯塚まで移動して、ITF 車イスジャパン・オープンが19日くらいまで…?
終わってから佐賀と熊本に移動して…少しばかり大学時代の旧友と会えます。

佐賀では…佐賀では…佐賀ではぁ〜〜っ!
祖父母の墓所を詣でた…ついでにグラスコート佐賀テニスクラブの
天然芝で…テニス…したいわけですっ!
メインは祖父母への参拝で、こちらはあくまでもついでですっ!
でも…天然芝ぁぁぁ〜っ!
永遠の憧れになってしまわないように…なんとか…。はい…。

とりあえず…4月5月と様々な場所へ飛び回っていますが…
6月には……あっ! 仕事で札幌への出張が1週間くらいあった。
ちょうど…札幌フューチャーズが開催されている週と
少しばかり被っていたはずなので、ちょっと…試合観戦にも行ってしまおう…。

なんにせよ忙しく日々が過ぎていくのは、幸せなんだと感じます。
体調管理にだけは気を付けますっ!

インソール…

post details top
3月 25th, 2012
post details top

高校選抜テニス大会、男子団体は
地元兵庫県で2連覇を目指す相生学院と
古豪の伝統校、柳川高校との決勝戦になりました。

どちらの学校も全力を出し切れる素晴らしいプレーが出来るといいですね。

さて…話は全く変わるのですが、テニスシューズのインソールって…どうしていますか?
僕は以前はずっと人工芝でレッスンも試合も行なっていたのですが
数年前からカーペットやハードコートでもテニスをする機会が増えたんです。

すると…やけにシューズの中で足が不安定に動く感覚が気になってしまって…。
人工芝では滑るからか…余り感じることのない感覚だったので余計に気になって気になって。

そこでインソールを少し固めのモノに変えてみたんです。
すると…おおっ!…ちょっと良い感じ…。

シューズの中で足がズレる感覚が軽減されたのですが、それでもやっぱり気になる感じで。

以前、ジョコビッチが全豪で初優勝をした時に、観客席に向かってラケットだのリストバンドだの
シューズだのと喜びの余り投げ込んだのですが、その時…シューズのインソールだけは抜き取っていた…
というエピソードを誰からか聞いたことがあります。真相はわかりませんが…。
でも、その話が本当ならば…それだけインソールがプレーに大きく作用しているんだろうと。

そこで…思い切って本格的に自分の足型を取ってインソールを作ってみようかと。
左右の足は均等ではないそうです。
でも、計測して自分の足型で作ったインソールによってそのアンバランスを
均等にしてくれ、結果、足腰や体幹にも善いだと。

テニス選手の中にも、激しい動きの連続で肉刺が出来たり
足首の炎症を起こしたり…という選手って少なくないように思います…。
審判をしていて、足底でのMTOってのも少なくないので。

それって…シューズの良し悪しだけではなく、インソールによって
改善されるコトがあるかもしれませんね…。

僕はスキーもするので、スキーブーツ用のも作ってもらおうかと。
どちらかと言えば…こちらが主かもしれ

シューズの中でズレる感覚や足腰への改善など…使用してみて、どうだったのか…感想を報告します。

« Previous Entries